2020年10月 本業以外の収入と株式取引

お金の話

昨年に引き続き、本業以外の収入の記録を備忘も兼ねてブログに付けていきます。記録を付けることで、後から振り返ることができますからね。

2020年10月 本業以外の収入

今月の本業以外の収入は以下の通りとなりました。

メルカリ
2,735円 年間累計72,443円

ラクマ
29,253円 年間累計75,901円

株式配当金収入
3,173円 年間累計221,988円

株式売却損益
ー40,150円 年間累計+280,778円

ソーシャルレンディング
0円 年間累計22,476円

合計
ー4,989円 年間累計673,586円

 

株主優待は、今月はゼロでした(泣)

2020年10月の振り返り

メルカリは、自宅の不要品を出品、売却していますが、最近は手が付かず出品数も少なめにしています。

ラクマは、今月は大型家具が売れたのでまとまった金額が入りました。

配当金は、8月度中間決算の西松屋、アダストリアからいただきました。
例年はクリレス、SFPホールディングスからも入るのですが、今期は無配です。。。泣

株式売却損益は、特定口座で保有しているJTを1単元損出ししたことで売却損が出ています。
今年は前半に特定口座で売却益を計上していたので、その範囲内で必要に応じて損出し、損切りして
節税したいと思っています。

https://twitter.com/i46RJ4efh9j5O1u/status/1318112911668039680

結果として、今月の本業以外の収入は、ー4,989円となりました。

2020年10月の株式取引 保有株の年初来パフォーマンスは▲15.9%

2020年10月に購入した株式は以下になります。

NTT 23株、イマジニア 12株、三井住友FG 5株、プロネクサス 4株、です。

※単元未満株は、SBIネオモバイル証券で1株単位でコツコツ購入。

市況としては、日経平均は5月に22,000円台まで値を上げた後、多少の上下はあったものの7月末時点でも22,000円前後と平行線を辿っていましたが、8月に入り23,000円を突破。そして8/28に安倍首相の辞任が報じられ一時600円を超える下落がありましたが、安倍政権を継承する菅首相が就任し、23,000円台を再び回復。9月最終日には米国大統領選候補の討論会によりバイデン氏優勢との見方から日経平均は350円超の下落となり23,185円。10月に入りトランプ大統領がコロナに感染、大統領選への警戒感が高まり米株ほどの急落にはならなかったものの、10月末時点で22,977円と、23,000円を割り込みました。

個別株では、航空大手のANA、JALが軒並み大幅赤字の2Q決算を発表し株価が再び大きく下落しました。外食産業は10月から始まったGo to イートキャンペーンの後押しがあるものの、直近の業績は想定以上に厳しく株価も大きく下落しています。不動産関連も厳しい印象です。私のPFは上記の業界銘柄をそれなりに保有しているので年初来パフォーマンスは再び悪化することとなりました。
直近では米大統領選の結果で当面株価の乱高下は続きながらも下落局面に入ると思っています。私の場合、積極的に売買してジタバタしても仕方ない気がするので、大きな調整が入らない限りは少額の買いに留めて様子を見ようと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!