GRAPEVINE Live2013 Tokyo M.A.P.S @六本木ヒルズアリーナの感想

GRAPEVINE

2013年5月6日、TOKYO M.A.P.SというイベントでGRAPEVINEのライブを見てきました! @六本木ヒルズアリーナ

TOKYO M.A.P.Sは、六本木ヒルズでゴールデンウイークに毎年開催されているライブイベントです。しかも無料!素晴らしいですね。

しかも出演者が毎年なかなか豪華なんです。「超豪華」とまではいかないけれども、新進気鋭のアーティストから中堅どころまで幅広く顔を揃えるラインナップで、毎年大体2~3組は見てみたいアーティストが出るんですよね。そんなわけでわりと毎年見に行っています。以前はこのイベントでトクマルシューゴやレキシを見に行ってました。

そして2013年のTOKYO M.A.P.SではGRAPEVINEがラインナップされたわけです。しかも大トリ!そりゃあ行かないわけにはいかないのです。

 

ライブの内容

当時は新作「愚かな者の語ること」が発売されたばかりで、このイベントの数日後から全国ツアーが始まるというタイミングでした。なので新作の曲をライブで聴けるのは初めての機会。どんな形で披露されるのか、それが楽しみでもありました◎

定刻通りにメンバーが登場。

田中氏が不敵な笑みを浮かべながら会場を見渡します。

このイベントは無料ですから、普段のライブとは違ってバインを知らない人もたくさん居たでしょうし、「どんな人たちが見に来ているのかな」と思っていたのでしょうかね。

1曲目は何だろうと思っていたら、新作の1曲目を飾るあのギターイントロが。「無心の歌」でした。

「無心の歌」、今までのバイン節をさらにアップデートしたような、切なくも情感が溢れる曲です。初めて聴いた時から心をグワシッと持っていかれた曲なのですが、やはりライブとなると訴求力がさらに増して、圧倒されました。おそらく他のバインファンの方々も私と同じようにライブで聴くのは初めてだったからでしょうか、固唾をのんで見守るといったような緊張感が漂っていたように思います。

そんな緊張感から驚きに変わったのが次の曲、「ジュブナイル」!久々に聴くイントロにテンション上がりましたよ。シングルなのになかなか披露されない「いぶし銀」なシングル曲「ジュブナイル」。カップリング曲「冥王星」のほうがライブ映えするのでよく披露されていて影に埋もれている感のあるシングル曲「ジュブナイル」。でも渋めで好きです「ジュブナイル」。

田中氏が、

「もうすぐツアーが始まるので、タイミング的にそのツアーのセットリストの一部を見せざるを得ないわけです」

と相変わらずの天邪鬼なMCを挟みつつ(笑)、
次に披露された曲は、新作に収録されている「なしくずしの愛」。これはシリアスで緊迫感のある曲です。後半の畳みかけるような田中氏の叫びが会場中に鳴り響いたときはめちゃくちゃ痺れました。まさか無料ライブで「無心の歌」と「なしくずしの愛」どちらも聴けるとは思っておらず、嬉しいサプライズでした◎

そしてこちらも新曲の「1977」。爽やかな曲調の中に儚さを織り交ぜた情感が沁み込む名曲ですね。

I must be high」「MISOGI」では手を挙げるお客さんも結構いて盛り上がってました◎

そして「真昼の子供たち」。これはゴールデンウィークの六本木という雰囲気に良く合っているチョイスだなと思いましたよ◎

そしてラストは「光について」!イントロが流れたとき、ちょっとどよめきが起きたんですよね。きっと昔バインを聴いていた人や、バインを知らなくても当時なんとなく耳に流れていたメロディーが重なって、思わず反応したのではないでしょうか。「あ、この曲聴いたことある!」って。なんですかね、これだけでちょっと嬉しかったんですよね。親心ってやつでしょうかね(笑)
「光について」は歌い手にしてみれば非常に難しい曲だと思うのですが、このときの「光について」は、田中氏の声の伸び、声量がそれを大きく上回り余裕すら感じさせるほどで、完全に曲をモノにしているように聴こえました。


「今回のライブを機にバインが気になり出す人がたくさんいたらいいな・・・」と思う、大満足のフリーライブでした◎

気になり出すといえば、せっかくなら「豚の皿」をギロッポンの夜に投下してもよかったのでは?と思ったり(でもヘタしたら一見さんは引きかねないかな汗)

セットリスト

1.無心の歌 (13′ 愚かな者の語ること)
2.ジュブナイル (08′ Sing)
3.なしくずしの愛 (13′ 愚かな者の語ること)
4.1977 (13′ 愚かな者の語ること)
5.I must be high (07′ From a smalltown)
6.MISOGI (12′ MISOGI)
7.真昼の子供たち (11′ 真昼のストレンジランド)
8.光について (99′ LIFETIME)

 

お読みくださり、ありがとうございました!

GRAPEVINEのライブ鑑賞遍歴はこちらにまとめています。よろしかったらこちらも合わせてどうぞ!

GRAPEVINE ライブ鑑賞遍歴