GRAPEVINE Live2015 @日比谷野外大音楽堂の感想

GRAPEVINE

2015年9月12日、GRAPEVINEの日比谷野音ライブに行ってきました!

※記事後半ではセットリストも載せています。

 

妻と一緒に行く予定だったのですが、ライブの前週から妻の体調不良が続き、

ライブ当日は回復基調ではあったものの、妻は安静を第一に優先して泣く泣く断念することに。

私だけ行っていいものか散々悩みましたが、妻がバインのライブを楽しみにしていた私を気遣って背中を押してくれ、恐縮ながら自分だけ行かせてもらいました。妻に感謝です。。。

余ったチケット1枚は、某掲示板を使って譲らせていただきました。当日の昼頃の告知にもかかわらず直ぐに譲り手が見つかったのはありがたかったです。

この日の公演はソールドアウトしていましたし、チケットの座席も良かったのが幸いしました。

チケットの座席は、B9列42番。

ちょうどステージの正面ぐらいの位置で、メンバーの顔の表情までしっかり見える距離感で近すぎもなく、遠すぎもなく、ステージ全体を正面で眺められる、私にとっては絶好の場所でした◎

ライブの感想

妻と一緒に、座席指定のある野外でバインのライブを見るのを楽しみにしていたのでそれが叶わず残念でしたが、

こういうときに限って、

かゆいところに手が届くセットリスト。

そしてパフォーマンス、ロケーション、

どれをとっても

最良のライブ。。泣

 

個人的なハイライトは、「壁の星」~「SEA」~「愁眠」の3曲の流れでした。

 

「壁の星」。

何年も前からライブで聴きたかったのです。
私が初めてバインを見たライブ、2001年のWhitewoodツアーで披露されていたはずなのですが、
その当時はそこまで印象に残っておらず。
でも、今は大好きなのです。
ずっと、どこかでやってくれないかな、と思っていました。
それが、まさか野音で聴ける日が来るとは。。泣

完全なる不意打ちです。

だって、「おそれ」の後に「壁の星」が来るなんて誰が想像できるでしょうか。。。

イントロの打ち込み音が始まった瞬間に全身の鳥肌が立って、
あまりの興奮に思わず隣の譲り手さん(男性)のほうに振り返ってしまいましたからね。
隣に妻が居るものだと身体が勘違いしての行動なんですが、めちゃくちゃ恥ずかしかったですね。
(譲り手さんは気づかずにステージを見ていたのが幸いでしたが)

深い青が拡がる照明に、黄色い閃光が散りばめられた情景はまさに宇宙空間のようで、
その中に木霊する田中氏のシャウトに大音量のノイズギター。
最高でしたね。あの情景はずっと忘れないと思います。

ラストは「超える」、アンコールラストは「ふれていたい」と、要所の締めも特別感のあるセットリストでしたね。

バインさん、是非また野音でやってください。今度は妻と一緒に見に行きたいです。お願いします。

セットリスト

(カッコ内はリリース年と収録アルバムです)

1.Big tree song(15′ Burning tree)
2.放浪フリーク (05′ deracine)
3.真昼の子供達 (11′ 真昼のストレンジランド)
4.Glare (08′ Sing)
5.コヨーテ (13′ 愚かな者の語ること)
6.冥王星 (08′ ジュブナイル)
7.そら (98′ 退屈の花)
8.無心の歌 (13′ 愚かな者の語ること)
9.MAWATA(15′ Burning tree)
10.おそれ (11′ 真昼のストレンジランド)
11.壁の星 (01′ Circulator)
12.SEA (03′ イデアの水槽)
13.愁眠 (98′ 退屈の花)
14.this town (11′ 真昼のストレンジランド)
15.夏の逆襲 (morning light) (11′ 真昼のストレンジランド)
16.KOL (15′ Burning tree)
17.GRAVEYARD (05′ deracine)
18.smalltown,superhero (07′ From a smalltown)
19.超える (08′ Sing)

en
20.君を待つ間 (98′ 退屈の花)
21.RAKUEN (12′ MISOGI)
22.ふれていたい (01′ Circulator)

 

 

お読みくださり、ありがとうございました!

GRAPEVINEのライブ鑑賞遍歴はこちらにまとめています。合わせてどうぞ!

GRAPEVINE ライブ鑑賞遍歴