スリランカ料理店KANDYでスリランカに思いを馳せる

おすすめ外食店

今日は、スリランカ料理が食べられるKANDY(キャンディ)というお店でランチしてきました。今回はいつもの株主優待ランチではありません(^^;)

先日、スリランカに旅行に行ってきて以来、すっかりスリランカに魅了されてしまい、現地で食べたスリランカ料理が恋しくなって来てしまいました(笑)


KANDYは、日本橋駅直通の日本橋タワーというビルの地下1Fにあります。店名はスリランカの観光地キャンディから来ているんでしょうね。

祝日でしたが、13時前の来店でお客さんは半分ほどで、すんなりテーブルに座れました。土地柄、平日のビジネスランチの利用のほうが多いのかもしれません。

天井が比較的高くて、テーブルにもゆとりがあり、居心地の良い空間だなぁと思いました。でもBGMは何もかかっていないので、わりと静かな店内です。スリランカの伝統音楽をうっすら流してもいいんじゃないかなと思います。

メニューをみると、ランチメニューの案内がありませんでした。ホームページには掲載されていたのですが、この日は祝日なのでランチメニューはやっていないということと受け取りました。
残念ですが、グランドメニューを見て、私は魚のカレーでご飯&コットゥ・ロティセット1,500円にして、妻はパリップ(豆)のカレーでご飯&ヌードルセット1,500円にしました。

魚のカレーとご飯&コットゥ・ロティセットはこちらです!サラダも付いて来ました。

魚のカレーは、私はココナッツミルクをベースにしたマイルドな味を想像していたのですが、食べてみるとかなりパンチの効いたしっかりした味で、良い意味で裏切られました。カレー自体に魚の出汁(モルジブフィッシュでしょうか)がしっかり出ていて、とても美味しいです。魚はおそらくサバだと思いますが、臭みは感じられず、身それ自体に下味がしっかり付いていてカレーに負けない存在感があります。

コットゥ・ロティは、ロティという全粒粉を使った薄焼きのパンのような生地を細かく刻んで肉や野菜と一緒に炒めたスリランカ料理です。
もちもちした食感とスパイシーな味付けで食が進みます。
スリランカ旅行中に都市コロンボにあるウパリスというレストランで食べたコットゥ・ロティを思い出しました。ウパリスで食べた大量に盛り付けられたコットゥ・ロティも美味しかったですが、こちらKANDYのほうが上品な味付けですね。

ご飯はバスマティライスではないですが、通常の白飯に比べて水気が少なめでカレーに良く合います。

スリランカカレーの基本は「全部混ぜ」なので、付け合わせのパパダン(豆のせんべい)やココナッツサンボルをご飯、コットゥロティとぐちゃぐちゃに混ぜ合わせて、そこに魚のカレーをたくさんかけてぐちゃぐちゃにして頬張ります。

めちゃくちゃウマいです。

見映え的にはあまり美味しくなさそうなので写真は撮りませんでしたが、

めちゃくちゃウマいです。

妻が注文したパリップ(豆)のカレーとご飯&ヌードルセットはこちらです!

ヌードルは、それ単品だけでも塩味が付いていて美味しかったです。カレーとも相性が良いですね。

パリップ(豆)のカレーは、辛さは控えめでマイルドな滋味深い味わいです。少しビックリするぐらい、豆自体の風味がとても豊かでした。豆のカレーは他にもインドカレー屋さんで食べたり、自宅で妻が作ってくれるダルカレーも美味しいのですが、それらとも少し違う、より豆の風味の主張がクリアな味になっているように感じました。美味しかった!

 

二人して黙々と、ぐちゃぐちゃにしたカレーを口に運び、思うことはやっぱり、

「またスリランカ行きたい・・・(泣)」

なのでした。