Salotto Canticoで株主優待ディナー

おすすめ外食店

先月、紀尾井町にあるSalotto Canticoというレストランで株主優待ディナーしてきました

今回は、結婚記念日を兼ねた私たちにとって特別なディナーです!

結婚記念日で株主優待を使うって、なんとなく気が引けるんですけどね、なんとなく。

でも、豪華なフルコースディナーをかなりリーズナブルにいただけるので

これを使わない手はないということで。。

普段なら絶対に行かないような高級レストランです。
しかも、外食でディナーに行くなんて、旅行を除けばここ数年行っていません。

オリンピックレベルです(汗)

株主優待の内容は?

今回の株主優待は、ファーストブラザーズという不動産事業を行なっている会社の株主優待です。

この会社の株主優待は、通常は11月末時点の株主が対象で

100株以上で1,000円のQUOカード、200株以上で2,000円のQUOカードなのですが、

2017年11月末分は特別に、Salotto Canticoで使えるお食事券が付いて来たのです!

なんとランチは5,000円割引、ディナーは10,000円割引です!

しかも、1枚で最大4人まで適用されるのです!!

私はこの優待発表の翌日に株主になりました(笑)

Salotto Cantico、太っ腹です!
というわけで、株主になった時点で

次の結婚記念日はここでディナーにしちゃおうと決めていました(汗)

株主優待の注意点

ただ注意点としては、株主優待が使えるコースは限られていて、

ディナーであれば12,000円以上(別途税、サービス料)のコースでないと使用できません。

もう少し品数少なめでリーズナブルなコースもありますが、それには使えないんですね。

ランチであれば5,800円以上のコースのみ使用可能です。

つまりディナーは、12,000円のコースであれば、
税とサービス料込で14,645円に10,000円の割引が適用されて、

一人4,645円になるということですね。

私たちの普段の外食からすると値は張りますが、

フルコースのディナーをいただけるのであれば全然アリです。

しかも!コース料理の内容がすごいのです。
私は料理のメニューを見て興奮しました(笑)

それはまた後ほど。。

ディナーを予約する際には、電話で株主優待を使用する旨を伝えます。

すると、上記の注意点を説明されますので、了承の上、予約を済ませます。

ディナー当日!

そしてディナー当日!

お昼ご飯は軽めに済ませておき、お腹の準備を万端にして向かいました(汗)

紀尾井町、あまり来ないのですが、良い所ですね。

休日だけど人混みが無くてゆったりした気持ちになれます。

Salotto Canticoは、紀尾井町ビルディングの3Fにあります。

お洒落な佇まいです。

窓際の席に通されました。

メガネケースのような箱からおしぼりが出てきました(汗)

飲み物は、私たちはアルコールを飲まないので、ソフトドリンクで。

妻はブラッドオレンジ、私はシラーという葡萄ジュースを頼みました。

ブラッドオレンジジュースに付いて来たストローも、専用の容器に入ってきました(汗)

なんだか色々慣れません(笑)

最初に、コースに使う食材を持ってこられて、
食材をどのように調理するのかなどを説明してくれます。

聞いているときは楽しいんですけれど、大体忘れてしまいますね(汗)

まず、前菜です。
台座のような食器に乗せられてやってきました。

氷のようにも見えて、なんだかめちゃくちゃカッコいいです。

シャキシャキとした歯切れのいいアスパラに、
新タマネギのフレッシュな甘さのあるソルベがとても良く合います

ホワイトソースの酸味とコショウの香りが鼻に抜けて気持ちが良いです。

お次はフォアグラの食べ比べです。
フォアグラのムースが、めちゃくちゃ美味い。。
ラズベリーの酸味、レモンのジュレと合わせると、

もう訳が分からなくなるほどなんじゃこりゃあ!の美味しさ。。

お次は冷製パスタ。白エビの上にキャビアが乗っています。
キャビアの食べ比べです。

瑞々しさを感じるアーティスティックなソースはアシタバです。

アシタバって、天ぷらでしか食べたことなかったので、
イタリアンでこういう使われ方をするととても新鮮でした。
パスタとソースを絡めて口に入れると、

キリッとした苦味のある風味がアクセントになっています。

キャビアはパスタと食べると味覚の行方を失ってしまうので、

個別に食べてその濃厚な味と舌触りを楽しみます。

お魚料理は、イサキのグリル。

バジルソースとトマトソースと和えながらいただきます。

しっかりした塩味と皮の香ばしさがとても美味しい!

付け合わせのマッシュポテトにはチーズとセロリの食感が楽しませてくれます。

ただのマッシュポテトではないところに、
手間を惜しまない作り手の意識を勝手に感じてしまいます。

こういうのがとっても嬉しいですね。

メインのお肉料理は、私は仔牛フィレ肉のローストを、

妻は「食べる国宝」とも言われている(らしい)マンガリッツァポークのグリルを選びました。

フィレ肉のローストは赤身のさっぱりとした味わいを楽しみました。
マンガリッツァポークは柔らかく、程よい脂身もあり、

赤ワインビネガーソースととても良く合っていて美味しかったです。

そしてカッペレッティ。
ここで、トリュフの登場です。
トリュフを目の前でスライスして振りかけてくれます。
こんな演出も楽しいですね。
このカッペレッティ、もちもちした食感から

中に詰まったチーズの風味とひよこ豆の舌触りが絶妙に美味でした!

デザートの前に、飲み物のチョイス。

お茶は6種類の茶葉を実際に香りを嗅いで選ぶことが出来ます。

それだけなら以前行ったことのあるお店でも同じようなサービスはありましたが、
飲み物のカップをヘレンドのデザイン6種類から選べるというのは初めてのことで新鮮でした。

こういうのは楽しいですね。

私は、グリーントロピカルという茶葉に、

グリーンのカップをチョイスしてみました。

デザートは、ティラミスでした。
ティラミスは私はあまり好んで食べないのですが、
チョコレートが非常に濃厚でとても美味しかったです。

マカロンも付いてきました◎

ヘレンドのティーカップで彩りも加わり、優雅な気分を味わえました。

気になるお会計は?

お会計は、株主優待券を使って20,000円引きで、1万円弱のお支払いです。

もっと色々ワインとか頼んだほうがよかったんじゃないかと(飲めないのですが)、

申し訳なくなるくらいお安くいただいてしまいました。

フォアグラ、キャビア、トリュフと世界3大珍味を美味しくいただける

豪華なディナーに私も妻も大満足でした。

実はこのファーストブラザーズの優待券、妻の名義でもう1枚持っております。
今度はランチのときに行ってみようか、
それともまたディナーを楽しみに行くか、どちらにしようか迷っています(^^;)
昨年11月末の限定の株主優待とのことですが、今年も何かしら用意してくれないかな。。。

と、淡い期待を寄せてしまっています。

※2018年7月時点で、Salotto Canticoのコースメニューは変更されておりますので
ご了承ください。