竹原ピストル初のライブ映像単体作品「LIVE AT 武道館 2018.12.22」

ライブ鑑賞

竹原ピストルのライブDVD「LIVE AT 武道館 2018.12.22」を購入し、育児の合間をぬって鑑賞しました。

結論から申し上げて、素晴らしい映像集でした。

 

竹原ピストル初のライブ映像単体作品

竹原ピストルは、今までライブ映像単体の作品は発売されていませんでした。

アルバムの初回限定盤としてライブDVDが付属されることはありましたが、付属のライブDVDはワンマンライブから厳選された10曲程度であり、収録曲数が少なかったのです。

また、竹原ピストルが以前活動していたユニット「野狐禅」としてのライブ映像作品はありますが、解散後にソロ活動をスタートさせた竹原ピストル自身としては、今回のライブ映像作品が初めてとなります。

全34曲150分 ギター一本勝負。

全34曲150分にわたって、ギター一本の弾き語りです。

だけど、一切冗長に感じさせないのは、彼のこれまで培ってきた力量と、説得力の成せる業でしょう。

 

ギターを掻き鳴らし、己が紡ぎだす言霊を時に呟くように時にまくしたてる様は、

時に、読経する僧侶や禅問答する修行僧のようにも見えてきます。

聴き手はその響き渡る咆哮に、自らを照らすことで

心の中の「何か」が浄化されていくようです。

救いの一つは此処にあるのだ、と感じます。

 

「LIVE IN 和歌山」「Forever Young」「カウント10」「Amazing Grace」「狼煙」 など、

見処はかっこ良すぎて数え切れませんが、

個人的に一番鳥肌が立った瞬間は、「ちぇっく!」です。

鬼気迫る演奏の途中で、「ぷつん」と弦が切れて、コードが崩れて不協和音になっても、

それでも、ひたすらにギター掻き鳴らし咆哮し続ける場面が、

彼の音楽性と生き様をそのまま投影しているようで

一番グッと来た瞬間でした。

 

私はこのDVDを、泣き止まない我が子を抱っこし続けて

「もうちょっとしんどいなぁ・・」

って時に見ることで、

その後30分以上延長して抱っこ出来るくらい

気持ちを切り替えることが出来ました。

ありがとう竹原ピストル。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。