資産運用の一つ、積立投資信託という手段

お金の話

 

私は、2015年6月頃から積立投資を始めようと一念発起し、投資信託を購入しています。

ここでは、投資信託に関する私の所感をまとめたいと思います。

 

投資信託による積立投資のメリットは?

積立投資信託のメリットを書いてみますね。

 

投資先を自分で考えなくていい

プロのファンドマネジャーの手で投資先を選定してくれますので、投資信託を選んで買えば後は何もやることはありませんね。

そういった意味では安心感があるかもしれません。日々の相場を気にすることなく、投資以外のことに集中できますよね。

 

ドルコスト平均法での買い付けができる

毎月定額で投資信託を買い付けしますので、相場下落時は多くの口数を購入することになります。

自動引落しにすれば、何も考えずにドルコスト平均法で投資出来ますのでこれはメリットですね。

 

投資先の参考になる

投資信託によっては、投資先を公開していますので、株式をメインとした投資信託であれば、どのような銘柄を選定しているのかが分かります。

個人の株式投資家にとっては参考になりますね。

 

積立投資信託のデメリットは?

 

では次にデメリットを書いてみますね。

 

元本保証ではない

相場の変動によって元本割れするリスクはあります。

 

手数料がかかる

投資信託によって変わりますが、運用手数料がかかりますね。

 

主な投資信託

投信信託って、本当に沢山ありますよね。。

ここでは私が投資している独立系投信信託のみ触れたいと思います。

 

独立系投資信託とは?

証券会社や銀行などの金融機関を通さず、
投資信託会社が自社運用ファンドを直接、投資家に販売しているものですね。

金融機関を通していないので手数料は割安傾向にあります。

セゾン投信、さわかみファンド、ひふみ投信などが該当します。

 

私の投資先

私は、ひふみ投信と鎌倉投信に投資しています。

 

ひふみ投信

代表の藤野さんはワールドビジネスサテライトのコメンテーターとしてご出演されていますね。

 

鎌倉投信

良い会社に投資する、をモットーにしています。
現金比率は高いです。

 

投資成績は、鎌倉投信よりもひふみ投信のほうが良い

鎌倉投信は、現金比率が高く、かなり保守的な運用をしているのかもしれません。

 

鎌倉投信の魅力は?

鎌倉投信から毎月届く冊子が楽しみだったり、年に一度開かれる受益者総会も面白いです。

あとは良い会社訪問などのイベントも充実している印象です。

パフォーマンスを期待しているというよりも、

「世の中にこんな会社があったんだ!」

という発見や、

「働き方、会社の価値って何だろう?」

と考えさせてくれる機会を用意してくれているところに魅力を感じています。

鎌倉投信を通じて、マザーハウス、サイボウズ、カヤック等の個性溢れる良い会社を知ることができました。

代表の鎌田さんや、資産運用責任者の新井さんの穏やかな人柄も魅力的です。

 

まとめ

積立投資は毎月定額で銀行口座から自動で引き落とすようにすれば、投資のことを一切意識せずとも資産運用出来る、という点が魅力ですね。

私は、高配当や株主優待に惹かれて株の個別銘柄を探すのが好きなので、積立投資は正直面白みには欠けるのですが(笑)、

着実に資産を増やすには堅実な方法ではないかと思います。